技術グループ
課長
2004年4月入社
― 恒和工業に入社した理由
事業内容よりも経営面や福利厚生面を重視して、恒和工業を選びました。
実際に、残業があまりないのでプライベートを充実させることが出来ます。
入社してすぐに技術グループに配属されたのですが、大学時代は機械関係を専攻していたこともあり、作る事自体は苦手意識がなかったので良かったなと思います。
― 現在の業務内容について
CADを駆使して製品の設計開発にメインで携わっています。
2年前から導入された3D-CADで図面を形成しています。
もともと2D-CADは使用していたのですが、3Dは使い勝手が異なるので操作方法を覚えるうちは苦労しました。整合性をきちんと合わせる必要があり、間違った箇所があるとエラー処理をしないといけないので大変です。
ただ、設計開発をする中で試作品を容易に作成することが出来るので、一度使い方を覚えると便利に感じることも多いです。
また、課長という責任のある立場になったのでメンバーへの業務指示も行います。
日々の業務では、なるべく現場の状況や雰囲気を理解して、何度も何度も手戻りしないように円滑に仕事を進めることを心掛けています。
― 会社の強み
新しい取組みに対して前向きな点が魅力の一つです。
2年前から3D-CADが導入されたり、
事業を発展させるために設備投資の面でも配慮が行き届いていると感じますね。
試行錯誤しながら作り上げたものが形になって、一つの製品としてリリースされると達成感を感じますし、お客様のご要望に応えられたときは大きな満足感を得られます。
長年技術グループで働き続けてこられたのも、電力インフラを支える仕事にやりがいがあるからです。
電気や機械専攻でなくても色々なことに興味を持てる方であれば、楽しく知識を深めていけると思います。