事業開発グループ
主任
2015年10月入社
― 恒和工業に入社した理由
一つ目の理由は、電力業界のインフラを支える社会的な意義があるところに魅力を感じたためです。二つ目は、設立1947年と歴史が長い老舗企業であり、設立以来無借金経営を続けていて長く働ける会社という印象を受けたためです。
以前は全く違う業界で営業をしていましたが、心機一転して安定した会社で長く働いてみたいと感じました。
三つ目は、採用面接のなかで新規事業をする話を社長から聞いて興味が湧いたためです。
老舗企業ながら新規事業にチャレンジしようとしている姿勢に感銘を受け、是非とも加わりたいと強く思い入社しました。
私が所属している事業開発グループは私が入社してすぐに立ち上がったので、面白いときに加わることが出来たなと思います。
― 現在の業務内容について
配電とはまた異なる新規事業プロジェクトに参加しています。
これまでは不動産関連の土地活用・開発を主に行っておりましたが、最近では他社とスクラムを組んで会社自体の新たな事業柱の立ち上げを行い、社会に対して製品やサービスを通した今までにない価値の創出に取り組んでいます。
コンサルティング会社と連携して新たな商材のマーケティング手法やPR手法を考え、お客様自体を開拓しています。
― 会社の強み
長きにわたって電力会社様、電気工事会社様との関係性が構築できているところです。
その一方で会社自体が新たな変革期を迎えていて新規事業に注力している段階なので、チャレンジをし続けてるところも魅力的です。
九州でも成型機を使って、電力会社様以外に提案出来るものはないかと試みています。業界内でのコストダウン合戦が厳しいので、既存だけではなく新しいお客様をつくるためにも両軸で動いています。
また、社長との距離が近く、社内の風通しが良いので自分の意見を聞いてもらえる機会がたくさんあります。
大企業にはないフラットさがあり、若いうちから色々なことに挑戦が出来てボトムアップを叶えやすい環境なのは大きな魅力です。