事業開発グループ
2020年1月入社
― 恒和工業に入社した理由
新規事業にてソフトウェア開発を始めたとのことで、自身のPG・SEとしての
能力を活かしたいと考え入社しました。
前職は詳細設計やソースコードを製作するプログラムの設計をしていましたが、要件定義や仕様決めの経験も積んでソフトウェア技術者としてスキルアップしたいと思いました。
― 現在の業務内容について
システム開発を担当しています。
主に自社パッケージ品であるスマートグラスを活用した、遠隔支援ソフト「GARU」やピッキング/作業指示システムの開発や自社業務向けの業務管理システムの開発に携わっています。
要求をまとめて仕様に落とし込む難しさは実感していますが、自分の構想が形になる楽しさがあります。如何にヒアリングを上手く行って提案できるかがプロジェクト成功のカギであると考えます。

プログラマーとしての経験が、要求仕様を満たす設計の検討や、現地作業時のトラブル対応に活かすことができていると自負しています。
― 会社の強み
配電材料メーカーとして、歴史と多数のお得意様がおり、また、無借金経営ということもあり、新たな事業に取り組んでいるところです。
その中で社内ベンチャーのように、どんな事業を展開したいか意見を出せる環境があることです。
私自身はウェアラブル端末やAI技術を取り入れて、先端技術を駆使した便利なシステムも提案し、恒和工業がソフトウェアメーカとしても一目置いて頂けるよう尽力したいです。