会社沿革

昭和22年 大阪市西区に恒和工業株式会社を設立
昭和24年 大阪市大淀区に中津工場を開設
昭和30年 連結式接地棒を開発
昭和31年 東京都千代田区に東京営業所を開設
昭和33年 蓄力コネクターを開発
昭和39年 銅線用引留クランプを開発
昭和41年 アルミ線用引留クランプを開発
昭和44年 引留クランプカバーを開発
平成元年 九州恒和工業株式会社を設立
福岡県三井郡に九州工場を開設
平成7年 仙台事業所を開設
平成8年 本社を大阪市北区に新築移転
大阪市北区に技術センターを開設
平成14年 ISO9001取得
仙台事業所内に工場を開設
平成15年 大阪市北区に流通センターを開設
平成20年 大阪市福島区に倉庫を開設
大阪市北区にワークセンターを開設
平成21年 九州工場 ISO9001取得
平成22年 大阪市北区にワークセンターⅡを開設
平成24年 九州工場に製造設備CERS(セレス)を開設
  • 昭和26年 堂島本社新築

    昭和26年 堂島本社新築

  • 昭和39年 大淀区に本社移転

    昭和39年 大淀区に本社移転

  • 平成8年 北区に本社を新築移転

    平成8年 北区に本社を新築移転

  • 平成24年 九州工場にCERSを増設

    平成24年 九州工場にCERSを開設